読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋 愛 万 事 屋

恋愛の何でも屋。女子力・モテ男・セフレ卒業。そんなワードに反応したなら読んじゃいましょうか。

【身だしなみ/モテ技♂】男子はアタマ流してから寝癖なおして出勤したほうがいいと思うよ

f:id:love-yorozuya:20161028011152j:plain

 

 

いきなりですが男性のみなさん、寝癖ってどうやって直してますか??

 

ボクの知っている限りでは起きてそのままの方が多いと思うんですが

 

風呂入りましょうよ。

 

もしくは頭だけお湯で流してドライヤー使いましょう。

 

これだけで女子ウケの度合い段違いです。

 

仮に寝起きで整っていたとしても意識の差ってのがありますからね。

 

寝癖直しは要か

そもそも寝癖直し系の整髪料を使ってる男女ってどのくらいいるんでしょうか。

 

ボクは使ったことないですし、知人、友人の男女でも使っている人を見たことがありません。

 

地方から地元の横浜に来る友達が多いので共にホテルへ宿泊することがあるんですが、彼らの寝起きでその手のアイテムを見たことがありませんし、

 

歌舞伎町でホストをしていた頃、初期の寮生活でも寝癖直しを使っているホストは見たことがありませんでした。

 

友人も同僚も寝起きはお風呂に入って髪型を整えていましたね。

 

のちがい

女性って寝起きでもそのまま支度出来る人が多いですよね。

 

相当寝癖がついていれば別ですが、それでも大抵は軽く洗い流してドライするか、アイロン等で整えるくらいで済ませられる人が多いと思います。

 

何でカンタンな直しで済むかといえば、普段から髪の手入れをしているからだと思うんですよ。

 

普段から整えやすい髪の状態を作っているのが女性、

 

整えにくいほどに放置してるのが男性、だとボクは思ってます。

 

寝起きで少し癖がついていても整えやすい状態の髪なので、そのまま支度が出来るんじゃないかなと。

 

でも男性は普段から手入れをしているわけではないので整いにくい状態ですし、

 

女性に比べて髪の重さがないので、重みで髪がまっすぐに伸びることもありません。

 

なので寝癖をしっかり直すには洗い流す等が必要だと個人的には感じます。

 

自分に似合ったベストな髪型で一日をはじめるほうが、何にしてもいい結果が生まれますよ。

 

美意識と潔感

で。

 

何でそこまでしっかり寝癖を直さないといけないのかといえば女性と同列に並び、恋愛対象等の異性として意識してもらいたいなら、

 

美意識までいかずとも清潔感のレベルは高く持ちましょう、ということです。

 

ほとんどの男性は意識していませんが、美意識というのは清潔感の先にあるものなので、

 

まずは自分が高い意識での清潔感を意識×維持できなければ、その先にある女性の美意識に気づいて褒めるというテクは身に付きません。

 

髪型、メイク、ネイル、まつげ、肌質、その他諸々。

 

男性がここまで意識してキモいと思いますか??

 

おれはキモいと思うよ。

 

男性としてどこまでづくべきか

まぁ、言い方は冗談としても男性がそこまで細かく女性のことを見ているのは正直キモいと思います。

 

でもね、そこまで見てあげるほうが男性としては合格点だと思うんですよね。

 

恋人でも同僚でも。

 

業者でも、親族でも。

 

清掃のパートさん、行きつけの飲食店スタッフ、スーパーのレジ係でも

 

どんな関係だろうが女性の変化には気づきましょう。

 

ネイルを変えてきた。

 

髪を切ってきた。

 

いつもと違うファッション、メイク、バッグ。

 

その他もろもろ。

 

女性がこだわって変化させた違いに気づいてあげたいじゃないですか。

 

ネクタイを換えた。

 

靴を新調した。

 

腕時計をブランド品に変えてみた。

 

女性から「あ、何かいいね♪」「似合うよ♪」って言われたら嬉しくありませんか??

 

そんな気遣いや目配りを女性に出来るようになるためにも、まずは自分が清潔感というこだわりを持ちましょうよ。

 

そのためには先に書いた足元の話も大事ですし、寝起き直後の行動も改めるべきだと思います。

 

【関連記事】

 

ただですね、女性の変化の中にもスルーしておかないといけないこともあります。

 

もし気づいても、ガチの事実でもですね

 

「最近太ったよね?」はタブーです。

 

太ってもスルーしてねって、西野カナも歌ってたでしょ。

 

これ、書いておかないとホントに変化として素直に伝えちゃう人いますからね。

 

清潔感だけじゃなく、センスも磨きましょうぜ。
 

ご依はこちらからどうぞ

恋愛万事屋WEB
 

些細なことでもお気軽にご相談ください。


To be continued…