読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋 愛 万 事 屋

恋愛の何でも屋。女子力・モテ男・セフレ卒業。そんなワードに反応したなら読んじゃいましょうか。

【モテ技♂×♀/モテ技♀/身だしなみ】男って髪の毛サラッサラの雰囲気美人に超越弱いという事実は100年経っても一緒だと思う

 

f:id:love-yorozuya:20161106014753j:plain

 

 

男って見た目でヤラれる生き物なので、雰囲気美人にめちゃめちゃ弱かったりします。

 

どんだけ面が好みでも、髪の毛がサラッサラかどうかで判断するゲスい生き物。

 

面が凄くタイプで髪がガッサガサの女性よりも、髪の毛がツヤッツヤで天使の輪がある貞子に目がいくゲスい生き物。

 

それが男です。

 

そしてボクも男なので今回も正直に書きます。

 

雰囲気美人の壊力

本当に髪がサラサラなだけで破壊力が増すかといえば本当です。

 

どのくらいの火力かというと、ほぼ一撃必殺くらいのパワーで勝負できます。

 

清潔感、女子らしいコーデ、あとはサラッサラな髪の毛のコンボがあれば大抵の男性は一撃でマットに沈みます。

 

力の理由

女性のヘアスタイルは多種多様なので、ゆるふわだったりアップにしたりとアレンジの幅が多いです。

 

女性との待ち合わせで、丁寧に巻いてきてくれると「あ、気を遣ってくれたのかな」とか「似合ってていいな」とか思います。

 

それでも言わせてもらいますが、ストレートでサラサラしてるだけでも十分です。

 

理由は清潔感がブーストされる、がすべてです。

 

男性は単

巻き髪、アップ、大いに結構なんですが、ロングのストレートヘアというだけでも男性的には十分魅力的に感じます。

 

ほとんどの男性は奇麗なロングヘアの女性というだけで十分に惹かれるんですよ。

 

清潔感があって女性らしいコーデであれば、そこまで髪型に気合いを込めなくても素敵度1500%です。

 

アレンはたまに

初めてのおデート的なここ一発というときはアレンジもいいかもしれません。

 

でも普段から勝負スタイルだとありがたみも減りますし、ヘアメイクにかける時間を他のことに割いておデートに臨んだ方がいいと思います。

 

ヘアアレンジすることが悪いということではなく、たまに男性にあげるエサ程度に考えておくといいんじゃないでしょうか。

 

タレントさんでもストレートヘアで十分奇麗な女性はたくさんいますし、素人があまりやりすぎると雰囲気がトンコツスープばりに濃くなってよろしくない場合もあります。

 

ゆるふわは諸の剣

ゆるふわ×エアリー感は遠目にみるといい感じでも、近距離ではボサボサと感じる男性もいます。

 

慣れてる、ヘアメイクのテクありならいいんですけど、可愛く清潔に見えるゆるふわを習得するまでは近距離でも問題のないサラッサラストレート推奨です。

 

時間もかかりませんし。

 

か黒か

これも永遠の課題のような気がしますが、茶髪のほうがいろいろと誤摩化しがききます。

 

細かいメイクやファッション、身だしなみに自信があれば黒髪でもいいと思いますが、茶髪のほうが意外と寝癖とかが誤摩化せます。

 

なぜか茶髪だとラフな感じにまとまって見えるので不思議、そしてお得です。

 

明るすぎない暗めのブラウンがいいと思います。

 

プリンになっても解りづらいのでフェイントが利きます。

 

そして明るすぎて軽く見られるのを防止するためです。

 

派手%が増すに連れて女性ではなく、エロい物体、性対象、遊び相手に近づきます。

 

トリートントもあり

奇麗な髪に見せるために洗い流さないトリートメントや、ヘアオイル的なものも活用した方がいいです。

 

ちょっとしたことで破壊力が倍増します。

 

それだけつやのあるロングヘアは男性ウケがいいんです。

 

ストレートアイロンや縮毛

天パ気味の人は前髪だけでもしておいた方がいいです。

 

縮毛やストレートパーマをしなくても、アイロンくらいはかけましょう。

 

フェイスラインとか前髪の印象って大事なので、ちょっとの手間で大きく変わるところは微に入り細を穿つくらいでちょうどいいです。

 

女の器はひとつでも増やす

メイク、スタイル、ファッション、気遣い。

 

女性の武器はいろいろありますが、それらを2段階くらいブーストしてくれるのがサラサラヘア、天使の輪、女性らしい髪質です。

 

髪が奇麗なだけで女性らしさが増すので、何をしても効果倍増、火力増し増しです。

 

他にも書きたいことはてんこ盛りなので、これからもいい意味で男性ウケする外見の作り方を書いていきます。

 

ご依はこちらからどうぞ

恋愛万事屋WEB
 

些細なことでもお気軽にご質問ください。

 
To be continued…