読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋 愛 万 事 屋

恋愛の何でも屋。女子力・モテ男・セフレ卒業。そんなワードに反応したなら読んじゃいましょうか。

【モテ技♀♂/モテない人/身だしなみ】女王様に見受けられるハイクラスSM嬢ならではの美的こだわりに刮目せよ

f:id:love-yorozuya:20161030015359j:plain

 

 

画像は上条早樹さんという女王様。

 

何と元上司です。

 

年齢を暴露したら詰められそうなので書きませんが、公表したらビビるくらいの年齢です。

 

にも関わらずこの美貌は凄いなと。

 

今回はS嬢ならではの女子力や特徴を書いていきます。

 

の身だしなみ

新宿でのホスト時代、指名のお客様でS嬢がいたんですよ。

 

彼女は池袋の老舗SMクラブで不動のNo.1の座を継続していました。

 

仕事へのストイックさもハンパではなく、身だしなみは完璧。

 

中でもパンチが利いてた言葉があります。

 

「M男の顔面を踏んだりするから、女性として足の裏まで気を抜けないよね。」

 

顔面を踏む=お客様の視界ギリギリまで美を意識する

 

女性としてのこだわりがハンパ無いなと未だに思い出します。

 

ボディケアって

男性には理解不可ですが、女性が身だしなみをキープするのって凄く大変なんですよ。

 

  • スキン&ボディケア
  • ヘアケア
  • ネイル

 

基本の3点だけとっても毎日続けている女性は驚嘆に値します。

 

男性視点では精神と時の部屋でもないと無理です。

 

後の男女の違い

学生でも社会人でも、帰宅→食事→お風呂→就寝、

 

が基本のループだと思いますが社会人なら残業や飲み会、学生さんでもバイト等で帰宅時間が遅くなることもありますよね。

 

帰宅すれば男性ならTVをつけ、お湯を注いでどん兵衛をすすり、お風呂に入ったらぼちぼちIn The ベッドが一般的なのかなと。

 

しかし、女性はそうはいきません。

 

入浴中でもヘアケアやボディケアに勤しみ、お風呂からあがればスキンケアの締め。

 

それが終われば手足のネイルをケア。

 

ネイルひとつとっても、削る、磨く、塗る、等あってガチで大変なんです。

 

男性同様に明日の仕事の段取りだってありますし、メイクもあるので早起きは必須。

 

お子さんがいる女性なら、食事やお弁当の用意もあります。

 

マジで精神と時の部屋住ませてあげたい。

 

そんなわけで女性が自分磨きタイムに割く時間は、男性のボクらから見れば神の領域です。

 

コスメ代もバカになりませんし、睡眠不足だって美容の敵ですからね。

 

男性が「あのコかわいい!」と言えるのは、修行とも言えるべき女性の努力があるからこそです。

 

前述したS嬢は、そういったところにしれっと特化していたので素直に尊敬できました。

 

S嬢ならではの思いやり

一概にはいえませんが、S気質の女性って自然体で配慮できる人が多いです。

 

自然体、と表したのはM娘の配慮は自分を見て欲しいとか、可愛がられる必要がある場面とか限定で、悪く言えば保身的です。

 

でも、Sの人の配慮って「自分はいいからお先にどうぞ」とかバランス、全体とかを意識してるんですよね。

 

マフィアのドンのようにカラダを張ってでも、他人優先です。

 

違う言い方をすると周りを不愉快にさせない人でしょうか。

 

 

S嬢をとすなら

女子力とは関連しませんし男性向けのセクションですが、この際なのでS系の女性の口説き方の一例を書いてみます。

 

個人的な印象ですがS女性だからといって、従順に接する必要はないです。

 

初めは対等から入って次第に小動物らしい一面を開示していく。

 

いきなり従順な男性よりも「私と出会ったことによってM性が開花した男性」というエクスタシーを感じてもらうことです。

 

言いなりになったらカーン!

惚れた相手だからといって初めから何でも頼みをきいてしまうと、それこそオスブタの如く都合のいい男性として使われやすいので、

 

いきなり一目惚れしたような女性がいたとしても、お願いしてくる我がまま等はスルーしましょう。

 

例としてですが、初対面からバンバンおごる、プレゼントする、というのは、

 

初対面から股間を開いてしまう都合のいいオンナと一緒じゃないですか。

 

勘違いや誤解をされるといけないので追記しおくと、都合のいい女と言いなりになる女は別物です。

 

これも機会を作ってそのうち記事にしますね。

 

しかし人間ていろんなヤツいるよな。

 

ご依はこちらからどうぞ

恋愛万事屋WEB
 

些細なことでもお気軽にご相談ください。


To be continued…